張り合わせ方法・注意事項  Xタイプ [粘着テ-プ付]

- ご使用いただく際のお願いです。 -

貼り合わせ方法

【前処理】

芯材の表面には、溶剤タイプのゴム系接着剤を均一に塗布して、表面が十分に粘着力が出るまで乾燥してください。(手で触ってべとべとしない程度〈約10分位〉)

【貼り合わせ】
  1. ファンシ-ロ-ルXタイプの表面の離けい紙を、片側から2~3cm剥して位置決めをしてから、徐々に全体を剥して貼り合わせてください。
  2. 手で押さえて貼り合わせた後、必ずゴムロ-ラ-で強く4~5回押さえてください。

注意事項

【貼り合わせ温度】

貼り合わせ作業温度は15℃以上が適切です。
冬季は芯材の表面を、ヘア-ドライヤ-等で暖めてから貼り合わせてください。

【ゴミ・ホコリ・遺物の除去】
  1. 被着面のゴミ・ホコリ・異物は十分に取り除いてください。
  2. 一度貼り合わせて剥したり、表面に異物が付着したものは接着不良になりますので、使用しないでください。
  3. 水・油が付着している場合は接着しません。
【被着面が湿っている場合】

被着面が湿っている場合(水分16%以上)、先にアイロンかヘア-ドライヤ-で表面をよく乾燥してから貼り合わせてください。

【乾燥温度】
塗装後の乾燥温度は60℃以下で行なってください。
【保存場所】
  1. 使用しないファンシ-ロ-ルXタイプは、直射日光を避け、ポリ袋等に入れ、冷暗所に保存してください。
  2. ファンシ-ロ-ルXタイプは、巻をほぐすと離けい紙にシワが出来ることがありますので、必要以外に巻きほぐさないようにしてください。